歴史の名言に学ぶ 兵法三十六計(勝戦計:瞞天過海)

このコーナーのきっかけとなった『兵法三十六計』を早速調べてみたいと思います。
著者は壇道済(たんどうせい)という魏晋南北朝時代の宋の将軍という事です。
兵法三十六計は、『三十六計逃げるに如(し)かず』の語源で、形勢が不利になったときは、あれこれ思案せず逃げてしまうのが一番だという意味から転じて、面倒なことが起こったときは逃げるのが得策だという意味に使われているようです。


確かに、形勢が不利になったのであれば撤退するというのは、被害を甚大にしないためのセオリーだと思います。
しかしここで大事なのは、形勢を客観的に見極めることのできる力だと思います。
不利かどうかすら分からなければ、逃げるタイミングすら決められませんもんね。
案外、その見極めが難しいんじゃないかと思うのです。
例えば、現代でいえば米中が経済戦をガンガンやっている最中です。
これについて、いつ、どちらが最終的に勝利するのか、あるいは別の結末で幕を閉じるかなんてことは、多くの人がちょっとやそっとでは分からないのではないかと思うわけです。


…と、話が脱線してしまいましたが、今回は『瞞天過海』を取り上げたいと思います。
読みは『まんてんかかい』、訓読では『敵をあざむいて海を渡る』、勝戦計(こちらが主導権を握っている場合の定石)の一つらしいです。


上記リンクの具体例の箇所に、三国志で有名な太史慈のエピソードが出てきます。
太史慈が敵の包囲網を突破するための策として、城外で弓の稽古だけを連日のように行い、敵に弓の稽古をするためだけに城外に出ると思わせ、警戒心が薄れたころに包囲網を突破したのです。


このエピソードでもやはり相手の警戒心が薄れたころの『見極めが』大事であるという事ができそうです。
早すぎるとまだ警戒されているし、遅すぎると(食糧不足等で)場内の友軍が疲弊し全滅してしまうし…となります。
自身を含めた周囲が焦る状況下で、いかに冷静でいられるかそれを見事にこなせた太史慈は、やはり歴史に名を残せた英雄だったという事なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA