Python学習履歴2

整数(1)、浮動小数点数(1.0)の違いがある。
整数同士を足しても引いても掛けても整数のままなのに、割ると浮動小数点数になる。


#整数同士の計算
print(1 + 2)    #3と出力される。
print(4 - 2)    #2と出力される。
print(5 * 2)    #10と出力される。
print(6 / 2)    #3.0と出力される。
#//を使うと商(小数点以下切捨)が、%を使うと余りが求められる。
print(6 // 2)   #3と出力される。
print(6 % 4)    #2と出力される。




2018年10月頃よりPyQで学習しています。
課題の数が多くオススメです。
まだ5分の2程しか進めていないのですが、コツコツ頑張ってゆきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA